パンダズ事務所

TBS「金曜ドラマ『山田太郎ものがたり』」官網

新聞發佈後 簡單的官網就出現了
因為不是獨立的 所以應該只是臨時的吧
上面有出演者跟Staff的訊息
還有にの、翔ちゃん跟製作人的comment

官網連結

▼出演者

山田太郎(やまだたろう):二宮和也(にのみやかずなり)
御村託也(みむらたくや):櫻井翔(さくらいしょう) 

▼スタッフ

原作:森永あい『山田太郎ものがたり』(角川書店 あすかコミックス)
脚本:マギー
脚本スタッフ:山浦雅大
チーフプロデューサー:瀬戸口克陽
プロデューサー:高橋正尚、下山潤
演出:石井康晴、山室大輔、川嶋龍太郎
制作:TBSテレビ
製作:TBS 

▼みどころ

7月からの金曜ドラマ『山田太郎ものがたり』。
原作は、少女コミック誌「月刊Asuka」(角川書店)に連載された大ヒットコミック。
累計400万部のセールスを記録し、全世界で翻訳版が出版されたほか、2001年には台湾で「貧窮貴公子」のタイトルでドラマ化も!
出演は、二宮和也と櫻井翔で、嵐のドラマ共演は初!!
二宮が演じるのは、容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能、全てを兼ね備えている学園のアイドルで、さぞ良家のオボッチャマなのであろうと噂されているが、実は超が付くほどの「ド貧乏」な高校生・山田太郎。
そして、学園の人気を太郎と二分するクールな貴公子・御村託也を櫻井が演じる。御村は正真正銘のオボッチャマだが、太郎の唯一の秘密であり弱点である「ド貧乏」なことを知り、やがてかけがえのない親友となっていく。
脚本は、『ブスの瞳に恋してる』『NIN-NIN 忍者ハットリくん・ザ・ムービー』など、話題作を世に送り出してきたマギーが手がける。
貧乏で大家族、いつだって明るく前向きに、この世知辛い世の中をたくましく生きていく山田一家。
家族や周囲の人々に振り回されながらも、「やりくり」と「へそくり」に命をかけ、愉快に、そして信念を持って「貧乏」を謳歌していく主人公・山田太郎の生き様をコミカルに描く。

貧乏でも、家族のみんなが、幸せそうに生きているのはなぜなんだろう?
そこには、現代を生きる私たちが忘れかけている、大切な何かがあるはず!
そして、その答えがこのドラマに隠されている!!
家族との大切な語らいの場が失われつつある現代だからこそ、みなさんに見てほしい家族の姿『山田太郎ものがたり』を是非ご覧下さい!

▼コメント

☆☆山田太郎役・二宮和也さんコメント

これまでにも色んな役を演じてきましたが、最近の流れを汲むと戦争に向かう兵士であったり、板前であったり、自閉症の男の子であったり・・・そういった中でこの夏に高校生になるのは純粋に楽しみです。
太郎みたいに長男がしっかりしているのは珍しいパターンだなと思いましたが、年がかけ離れている兄弟はきっと可愛いんだろうなと思います。守りたくなる気持ちは分かりますね。そんな山田一家の様子を通して、テレビを見てる人たちが楽しくなるような作品にしたいと思っています。いい作品を作るというよりは、意味のある作品を作ります!!
(同じ嵐のメンバーである櫻井)翔くんとの共演は初めてですが、色々な人からいい役者だと聞いているので、翔くんが一緒だったら僕も頑張れると思います。

☆☆御村託也役・櫻井翔さんコメント

二宮と一緒に連ドラをやるっていうのは新鮮で凄く楽しみです。
今回の役は僕にとって新しい挑戦ですね。今までとまったく違うタイプの役であるということはもちろん、山田太郎とどう距離を保っていくのかがこの作品のキモ!その相手が二宮なんでいい距離感を出せたらいいなと思っています。そして家族を心から愛する山田太郎の生き方を、御村としてアシストしていきたいです。
御村を演じる上では、笑顔ひとつをとっても彼らしさを出したいと思います。僕は現場の中で役が動き出すことが多いので、スタッフの皆さんと共演者の皆さんの中で僕らしい御村を作れたらと思います。今は、このドラマに3ヶ月どっぷりつかるっていうのが凄い楽しみで仕方ありません。
「山田太郎ものがたり」を見た人が温かい気持ちになったり家族を思いやったりしてくれたら嬉しいです。

☆☆瀬戸口克陽チーフプロデューサーのコメント

“究極の意外性"と言える夢の共演が実現し、早くも胸が躍っています!!
二宮くんと櫻井くんの二人がどんな化学反応を起こすのか楽しみですし、皆が納得できる作品を作らなければ!という責任も感じています。やり甲斐がありますね。

コメディ作品の場合は特に演技力が要求されるのですが、二人はまったく心配ありません。むしろ皆があっと驚くような新たな一面を発揮してくれると思っています。山田派、御村派のように人気を二分する形になるのではないかと期待しています。
二人の関係性は原作と異なり、高校3年生で初めてクラスメイトになった所から人間関係を築いていきます。まるで太陽と月のように対照的な存在の二人がどう関わり、変わっていくのかご期待ください。

さらにド貧乏大家族の長男・太郎が愛する家族のために頑張る姿は、我々が普段つい忘れてしまっている大切なコトを思い出させてくれるでしょう。
そして見た人の心をホッと癒してくれるはずです。
山田一家を通して「家族に思いやりを持とう」「人に優しくなろう」…など、何かを感じてもらえたら嬉しいですね。
原作の持つ世界観やテンポ、笑いのリズムを大事にしながら、おおいに笑ってほろっと泣ける、そんなドラマを作りたいと思います。


「貧窮貴公子」 大家大概都聽過名字也知道劇情了
山田太郎憑著優異的成績得以免學費進入超高級貴族學校就讀
是男女都崇拜 容姿端麗(我覺得這真的用得很好 因為我不知道怎麼形容男生的秀氣好看 哈)
成績優異、運動全能 風靡全校的偶像人物
但實際上他家裡超~級窮
身為長男 因為爸爸一出門就會失蹤數年
體弱多病的媽媽又會沒有神經的亂買東西
(對 這是爆笑漫畫)
所以要負擔起家計 每天下課後都要忙著打工 並且照顧家裡面的六個弟妹

全校只有一個人知道他其實很窮的這個秘密
(其實他也沒有刻意隱瞞 是大家擅自認為他家裡面一定也很有錢)
就是他從一年級開始的親友御村託也

太郎對於御村而言是一個很微妙的存在
御村基本上是一個性格不怎麼好的人 可以直接說他個性惡劣了
對於人事物都是冷冷的旁觀的那種感覺
他會跟與太郎交朋友 純粹是因為覺得他很有趣
是個打發時間的好對象
(應該說是當成寵物看待!)
漫畫裡面的御村也會故意掉個一百元在地上
對於錢有異於常人的敏感度的太郎狗狗就會過來撿
(超惡劣又超好笑!!!)

所以我覺得翔ちゃん在昨天的新聞或是上面的評論所提到的「距離感」
應該就是指這個
平常的關係應該是與本篇相反的翔ちゃん與にの(爆)
如何掌握住託也與太郎之間微妙的距離感 是本篇精不精彩的關鍵
而且這部日劇將兩人的關係改編成三年級才認識的同班同學
如何相遇、變成親友 令人期待

にの的太郎就不用說了 我相信他可以演的像太郎上身一樣
只要把他平常的小氣演出來就好了(爆)
對於本篇會怎麼塑造御村的個性 以及陽光具親和力的翔ちゃん要怎麼詮釋冷冷的御村
也超級期待



  1. 2007/05/17(木) 11:38:00|
  2.    ├ ドラマ
  3. | コメント:0
<<NEWS ZERO 070507 イチメン#30「意外と知らない?著作権」 | ホーム | We can make it!台壓初回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する